2017年12月13日 更新

結婚式が続いたら… ドレスを買わずにバレッタで髪型チェンジ&おめかししよう!

結婚式が続くと、女性の場合は特に同じ格好を避けるためにドレスを複数購入する傾向にあります。しかし、毎回ドレスを買わなくても、バレッタを使ってヘアスタイルを変えるだけでイメージチェンジが可能です。今回は、バレッタで髪型をおしゃれに変えるコツをご紹介します。

252 view お気に入り 0

1.バレッタはデザインやつける位置で大きく雰囲気が変わる

 (611)

結婚式に出席するときのヘアスタイルをより魅力的にするために、意識して取り入れていきたいアイテムのひとつとしてバレッタが挙げられます。バレッタはつける位置によって雰囲気が大きく異なります。例えば、バレッタを下につけると、清楚でおしとやかなイメージになります。さらに、サイドにバレッタをつけると横からのアクセントとなって大人っぽさがアップし、上につけると華やかな印象となります。
バレッタの種類は大変豊富で、リボンやパール、ラインストーンなどさまざまなものがあります。バレッタは、ドレスと比べたら安価で入手しやすいことがメリットです。結婚式が続いたときに毎回ドレスを購入していては出費がかさみます。そんなときは、バレッタを使って雰囲気を変える方法があるということを知っておきましょう。

2.ショートヘア~ボブにおすすめのバレッタアレンジはこちら!

髪が短い人は、「バレッタなんて使えない」と考えがちです。しかし、ショートヘアやボブでもバレッタを上手に活用すると、おしゃれなヘアスタイルに大変身します。
例えば、髪が短い人の場合は、髪の毛をサイドでねじったり、ヘアアイロンで巻いてバレッタで留めたりするだけでおしゃれに仕上がります。また、『教えて!goo』には、「バレッタつきウィッグ」に関する質問が寄せられました。質問者のように、バレッタつきウィッグを使うと、髪飾りと組み合わせながら、さまざまなヘアアレンジが楽しめます。
バレッタつきウィッグは、ドレスだけでなく、着物を着たときのヘアスタイルとしても気軽に取り入れることができます。気分転換やイメージチェンジのひとつとして、バレッタつきウィッグのようなアイテムを選んでみると、新しいおしゃれが楽しめるでしょう。

3.セミロング~ロングスタイルにはこんなスタイルが人気!

髪が長い人は、アレンジの幅が出てきます。いろいろなヘアアレンジにチャレンジして、結婚式のときにもおめかししましょう。
セミロングやロングスタイルの人は、髪が長い分、さまざまな難易度のヘアアレンジがあります。そのため、不器用な人であっても、自分でできる範囲のヘアアレンジを見つけて気軽に取り入れられるでしょう。不器用な人にはくるりんぱアレンジや、軽く巻いてバレッタで留めるだけのアレンジがおすすめです。気軽にできるにもかかわらず、上品な印象をもたらしてくれます。簡単にできて、しかも失敗する可能性が低いアレンジのレパートリーをいくつか持っておくと、結婚式に招待されたときにも役立てることができるでしょう。また、ゆるい編込みやおだんごヘアにバレッタをつけてみても、とても可愛らしい印象になります。デザインによっては、和装のヘアアレンジにもバレッタを取り入れることができます。和洋装両方に対応できるまとめヘアも、服装によってはとてもおしゃれに見えるためおすすめです。

4.どんなバレッタを選ぶといいの?

結婚式のヘアアレンジのひとつとしてバレッタを使うなら、選び方のポイントを押さえておくことが大切です。どんなヘアスタイルでも、アクセントがあるとインパクトを与えられます。アクセントの選び方によっては、ヘアスタイルがとてもおしゃれに決まります。しかし、アクセントの選び方を間違えてしまうと、おしゃれなヘアスタイルからは遠ざかってしまう可能性もあります。例えば、あまりにも大きすぎるデザインのバレッタは、ドレスや着物とのバランスを取ることが難しく、ヘアスタイルとの調和が取れないことが予想されます。さらに、花嫁のように目立つデザインのバレッタも、避けるのが無難でしょう。結婚式当日の主役は、やはり新郎新婦ですから、ゲストはマナーを守ってドレスアップすることが重要です。
バレッタを選ぶときには、自分のドレスやカバンとのバランスを考えながら選んでいくように心がけましょう。ドレス・カバンの素材や色合いとバレッタの組み合わせをよく考えながら、慎重に選んでいくことがポイントです。客観的に判断することができなくなったときは、友人などに見てもらって、アドバイスをもらうのもおすすめです。

5.バレッタがあれば自分で楽々髪型アレンジできる!

「あまり器用ではない」という自覚がある人にとって、髪型を自分でアレンジすること自体が負担になる場合があります。『教えて!goo』には、「自分で髪のセットをするつもりなのですが、私が余り器用な方ではなく、さらに髪がストレートでどちらかというとサラサラなため、普通にピンで止めると落ちやすいのです。こんな私でも簡単にできるアレンジスタイルはないでしょうか?」という質問が寄せられました。この質問に対する回答として、「黒のヘアゴムに、華やかなバレッタ等でイメージがぐんとかわります。髪型でいうと、少し古風かもしれませんがはいからさんが通るみたいに、上の髪をとって後ろのほうで(ゴムで)結んで上から華やかなバレッタが一番手軽そうです。」という意見が見られました。
ヘアアレンジの腕や時間がない人にとっても、バレッタは強い味方です。結婚式の髪型で悩んだときは、手持ちのドレスにバレッタを組み合わせて、おしゃれに決めましょう。
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

挙式や披露宴とは違う!結婚式の二次会に適した服装とは?

挙式や披露宴とは違う!結婚式の二次会に適した服装とは?

結婚式の二次会に招待されたとき、どのような服装が適しているのかということは大変気になるところです。結婚式と二次会とでは、適した格好が異なるケースがあることを知っておきましょう。今回は、結婚式の二次会に適した服装について詳しく解説します。
209 view
マナーやルールがいっぱい!結婚式の席次表にまつわる基礎知識が知りたい!

マナーやルールがいっぱい!結婚式の席次表にまつわる基礎知識が知りたい!

結婚式の席次表にはルールやマナーが多くあります。それらを守ることで場を盛り上げ、ゲストをより楽しませることも可能になります。空気を悪くしたりゲストに不快感を与えたりしないためにも、席次表のルールとマナーについて把握しておきましょう。
147 view
お葬式にはどんな格好をしていくのがベスト?適した服装や髪型・靴を徹底解説!

お葬式にはどんな格好をしていくのがベスト?適した服装や髪型・靴を徹底解説!

お葬式の服装や髪型などのマナーについては詳しく知らないという人もいます。しかし、参列者の格好によっては、本人だけではなく、故人へのイメージも大きく変わってしまいます。今回は、お葬式に適した服装・髪型・靴について詳しく解説していきます。
123 view
女性必見!結婚式のゲストとしてふさわしい靴のマナー

女性必見!結婚式のゲストとしてふさわしい靴のマナー

結婚式に招待されたら、ファッションに関するマナーにも気をつけて準備しなければなりません。ファッションのマナーは着るものだけでなく足元にも注意する必要があります。いくらドレスの選び方が適切であっても靴の選び方を間違えてしまうと、マナー違反と思われてしまうこともあるので注意が必要です。そこで今回は、結婚式に履いていく靴を悩んでいる女性に向けて、靴にまつわるマナーを解説していきます。
62 view
結婚式に招待されたら?訪問着の選び方や着こなしのマナー

結婚式に招待されたら?訪問着の選び方や着こなしのマナー

結婚式に招待されたときに着ていく服装に迷うという人もいるのでは。女性の中には、せっかくのお祝いの席であるし、ぜひ訪問着を着て出席したいと考える人もいるでしょう。そこで、今回は結婚式にふさわしい訪問着の選び方や所作などについてご紹介します。
797 view

この記事のキーワード